エステティシャンってフリーランスの仕事があるの!?

トップ > フリーってこんな仕事あるの? > エステティシャンってフリーランスの仕事があるの!?

エステティシャンってフリーランスの仕事があるの!?

はじめまして。
フリーランスになって3年目の者です。私は、自宅エステサロンを開設しました。
フリーランスとはちょっと違いますかね?(笑)
個人事業主と言ったほうがしっくりくるかもしれません。
仕事内容はフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、体のコンディショニングを行っています。

フリーランスになったキッカケは?

自分が働いていたサロンと、やりたい方向性が変わってきたためです。お客様に提供できる最大限のことを、誰にも縛られずに自分自身の手で作り上げたいと思ったことが大きなきっかけです。

どうやって案件を探した?

とにかく自分の足で営業しました。ブログで宣伝したり、異業種交流会のようなものに参加して自分をアピールしたり。

どんな案件だった?

案件内容は、こちらが提示しているメニューがほとんどです。

契約~完了までの流れ

お客様がサロンに来られてメニューを選ばれた時点で契約となります。ブライダルエステなどのコースメニューは、様々なメニューの組み合わせを提案して、最も気に入っていただいたものを決定された時点で契約です。

案件選びのポイント

私の場合は、こちらが案件を選ぶというよりかは、いかにお客様に魅力を感じてもらえるメニューを作るかがポイントとなりました。

フリーランスになっての感想

まず一番に感じたことは、「雇われている時は守られていたんだな」ということです。サロンに所属していた頃はお給料や休みの取り方に不満を漏らすことが多々ありました。でも、フリーランスとなって初めて「営業の難しさ」・「クレーム対応」・「安定したお給料になるまでの大変な道のり」などを経験しました。夢や期待いっぱいでフリーランスの世界に飛び込みましたが、思っていた以上に現実は厳しいものだということを思い知らされた気がします。私は、フリーランスになってから、以前勤めていたサロンの上司を本当の意味で敬えるようになったと思います。

フリーランスになる人へアドバイス

フリーランスという世界では、全てが自分の責任となります。夢のある世界ですが、とても現実的で厳しい世界でもあります。やりたいことや将来の目標を決めることも大切ですが、「売上が上がらなかったらどうするか」や「資金調達について」など、目を背けたいなと思うところまで冷静に考え準備することが必要です。そこがしっかりしていれば大丈夫。自分個人を必要としてもらえるフリーランスは、とても楽しい世界ですよ。